FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋過ぎゆく季節に 第二話 ~風采の宴会~

天狗の日~♪天狗の日~♪
とゆうことで書きました小説の続きです|ω・)bグッ

オリジナル設定が含まれますのでそれでも大丈夫な方はご覧ください

登場人物の紹介

姫海棠はたて 
念写をする程度の能力を持つ。

射命丸 文
風を操る程度の能力を持つ。

八坂 神奈子
乾を創造する程度の能力を持つ。

洩矢 諏訪子
坤を創造する程度の能力を持つ。

東風谷 早苗
奇跡を起こす程度の能力を持つ。

秋 静葉
紅葉を司る程度の能力を持つ。

秋 穣子
豊穣を司る程度の能力を持つ。

鍵山 雛
厄をため込む程度の能力を持つ。

貴烏 咲真
オリキャラ。
昔ある時にはたてと会い現在まで育ててきた半人半天の男。
彼の昔を知っている者は数少ない。
風を萃めてあらゆるものにする程度の能力を持つ。
両耳元に小さな翼がある。

三日月 風 種族:鴉天狗 男
オリキャラ。
文と咲真の旧友。彩とは姉弟。三日月姉弟はほとんど大天狗の命を受けて動いている。なので基本的に彼達が警備に当たっていることが多い。
姉弟で作っている新聞「風采新聞」を配ったりしている。評判は良いみたい?
また、姉(彩)が仕事の時豹変する所為で風は仕事の時は逆らえずにいる。
三日月姉弟は咲真を慕っている。
風の流れを変える程度の能力を持つ。

三日月 彩 種族:鴉天狗 女
オリキャラ。
文と咲真の旧友。風とは姉弟。三日月姉弟はほとんど大天狗の命を受けて動いている。なので基本的に彼女達が警備に当たっていることが多い。
宴会を主催して山の人々と関わることが多かったりもする。
姉弟で作っている新聞「風采新聞」を配ったりしている。評判は良いみたい?
また、仕事の時は普通の時と面影もないほど豹変する。(文、はたても恐れる程に)
三日月姉弟は咲真を慕っている。
様々な香りを発生させる程度の能力を持つ。

以上


一言:登場人物がイパーイ故に会話部分が大変だったorz



原作者:ZUN(上海アリス幻樂団)







―――楽しき宴は永遠と続くことは無く
             儚く過ぎ去ってしまう―――






















私は咲真と話して向かっていると目的の三日月邸が見えた。
三日月邸は山中にあるのでそこまで遠くはない。

咲真「お、見えましたね。」
はたて「本当に久しぶりだわ」
私達は下降して入口の門を叩いた。
咲真「風、彩来たよ~」

咲真が呼ぶと中から足音が聞こえてきた。
???「はいはい~」
門越しに声が聞こえた後門が開いた。
そこから緑色の髪の少年が顔を出した。

???「お、咲真とはたてじゃないか」
???「来るの早いね~」
はたて「久しぶり風」
この緑色の髪の少年が三日月風。
見た目は小さいけど結構年上よ。

咲真「そうかい?丁度いいくらいかと思ったけど」
風「はは、まぁ上がって上がって」
私と咲真は風に案内されて家の中へと入った。



広間に入るとすでに一人少女が座っていた。
彩だ。
彼女は風の姉三日月彩。

私達が入ってきたのに彩は気づくと彩は言った。
彩「あら、はたてじゃない。久しぶりね。」
はたて「久しぶり、彩」
私と咲真は彩と向かい側の所に座った。

彩「咲真さんがはたてを連れてくるなんて珍しいわね。」
咲真「たまにはと思ってね。」
風「それにしても、咲真って必ず予定より早い時間に来るよね~」
風は障子側に座った。
咲真「昔のくせが残ってるのかもしれないね。」
咲真は苦笑いして言った。

彩「そうそう、はたて新聞の方は順調?」
はたて「まだなんとも言えないわ」
彩「そう、頑張りなさい。」
はたて「言われなくても」
彩「ふふっ」
彩は誰に対しても優しい・・・けどこれが仕事の時だと恐ろしいんだよね~。

彩「ん?何か言われたような気がしたわ」
はたて「気のせいよ。」

はたて「そういえば、この宴会にあと誰を呼んでるの?山の神々達が来るのは聞いたけど」
彩「えっと・・・・はたてが言った山の神々だけね。」
彩「文とかは呼んでないから安心しなさい。」
そうして私達が会話していると庭の方から風音と共に声が聞こえた。



???「お~い、来てやったよ。」
風「お、来たね。」
風が障子を開けるとそこには神奈子、諏訪子、早苗がいた。
風「いらっしゃい。入って入って」
神奈子達は風に言われると広間に上がりこんだ。

早苗「お邪魔します~。」
諏訪子「邪魔するよ~」
神奈子「お、はたても来てるんだねぇ」
神奈子は私のことに気付いて言った。

早苗「あ、はたてさんお久しぶりです。」
はたて「早苗じゃない。久しぶり」
彩「あとは秋達と雛だけね。」
神奈子「のようだね。」
神奈子達は空いているところに座った。

早苗「はたてさんは最近は新聞作りをしているんですか?」
はたて「まぁそうね。」
風「はたて、それはいいんだけど少しは外に出た方がいいぜ?」
はたて「最近は取材しにいってるわよ。」
風「ほ~、それならいいけどさ」
早苗がはっと思い出したように言った。

早苗「そういえば、聞きました?はたてさん」
はたて「ん?なにかしら?」
早苗「人間の里の方で魔物が入り込んでたみたいですよ。」
はたて「へぇ、妖怪じゃなくて?」
早苗「はい、今日その件で退治しに行ったのですが道中にも見かけまして・・・。」
魔物は妖怪とは違い意思を持たず欲のまま暴れまわる化け物のことだ。

はたて「(おかしいわね。そんなことがあるならとっくに紫や霊夢達が動いているはずだわ)」
はたて「なにか臭うわね・・・。」
早苗「ええ、神奈子様と諏訪子様はそれを知って明日見回りに行くそうです。」
はたて「なるほどね。私も人間の里に取材しに行ってみようかしら」
早苗「あ、もし何かわかったことあれば・・・・」
はたて「わかってるわ、何かわかったら教えてあげる。」
早苗「ありがとうございます。」


彩「そうだ。咲真さん椛から大天狗の件聞きましたか?」
彩が思い出したように言った。
咲真「聞いたよ。明日にでも会いに行くよ。」
彩「そうですか・・・・なら安心しました。」
はたてはその話を聞いて何かひっかかった。
はたて「(ん・・・?そういえばなんで大天狗は咲真と・・・・?)」
はたて「(なにか、怪しいわね。けど咲真は何も知らなそうだけど)」
神奈子「ふ~ん、なるほどねぇ」
神奈子は今の会話を聞いてなにかわかったような様子だった。

咲真「どうしました?八坂さん」
神奈子「いや、なんでもないよ。」
そう話していると門の方から声がした。

彩「雛と秋達が来たみたいね。風お願いね」
風「わかりましたよ~」
風はそう言って出迎えに行った。


少しすると風が秋姉妹と雛を連れて戻ってきた。
雛「こんばんは。」
静葉「お待たせ~」
穣子「遅くなってすみません・・・・。」
秋姉妹と雛は広間に入るとともに言った。

彩「大丈夫よ。みんな来たばかりだから」
風「それじゃ、酒を持ってきますね。」
彩「ええ、お願い。」
風は再び広間から出て酒を取りに行ったようだった。
彩「では、私も料理を運んできます。皆さんは寛いでください」
彩はそう言って広間から出ていった。

諏訪子「いや~、宴会なんて久しぶりだね。」
神奈子「諏訪子あんた、昨日博麗神社でやったじゃないか」
諏訪子「あ~、そういえばそうだったね。」
早苗「でも、山の人達と宴会は久しぶりですね。」
咲真「そうだね~」
はたて「え、そうなの?」
私は滅多に外へ出なかったから全くわからなかった。

静葉「そうよ。前回は一昨年だったかな?」
はたて「へぇ~」
神奈子「早苗、あんたは飲み過ぎないようにね。」
早苗「はい・・・。」
早苗は苦笑いして言った。

穣子「お姉ちゃんも飲み過ぎないようにね。」
穣子は心配そうに言った。
静葉「なに言ってるのよ穣子、こうゆう時だからこそ飲まなきゃ!」
穣子「そう言って前大変になったんだから・・・・。」
はたて「静葉、素直に妹の言うこと聞きなさい。私も知ってるんだから」
静葉「む~、はたてまで~」
静葉は頬膨らまして言った。

雛「いいじゃない。暴走しても誰か止めれば問題ないわよ」
はたて「そうなんだけどね・・・・・。」
静葉は酒に弱いわけではないんだけど以前飲みすぎて手に負えないほど酔って暴走したことがあった。

そうして風と彩が戻ってきた。
彩「只今戻りました。」
風「ほい、酒だよ~。」
彩と風は持ってきた酒瓶や盃、料理をテーブルに並べた。
風「勝手にじゃんじゃん飲んじゃっていいよ~。」
彩「さ、皆さんどうぞ召し上がってください。」

静葉「さぁ飲むよ~!」
全員「乾杯!」

はたて「久々の酒はいいわね~。」
咲真「そうですね。」
私達以外の人達は騒ぎ始めていた。

彩「はたて、酌みましょうか?」
はたて「あ、お願い」
私は盃を彩の方に向けると彩が酒を酌んでくれた。
はたて「ぷはぁ、美味しいわ」
そして数時間後・・・・。
私は完璧に酔っていた。
はたて「さくぅ~まぁ~」
咲真「姫、もうそのくらいにした方がいいですよ」
彩「みんな酔うの早いわね」
風「そうだぁえ~、」
彩「風、あなたも酔ってるじゃない」
風「そんあことたぁない!ほらちゃんと姉さんと握手できてるよぉ」
と言いながら握手している相手は穣子だった。
穣子「あひゃ!?」
彩「それは私じゃありませんよ。穣子です」
風「あるぇ~?」
風も結構酔っているようだった。

はたて「さくぅまぁだぁ~いすきぃ~♪」
そう言って咲真に抱きついていた。
咲真「姫、わかりましたからしっかりしてください。」
諏訪子「はたて、咲真の事が好きなんだね~。」
諏訪子がこちらを見て言った。

はたて「だいすきよぉ♪」
咲真「いや、これは酔った勢いで・・・・。」
諏訪子「咲真、そんなこと言ってると見失うよ。」
咲真「・・・・。そうですね」
咲真は膝の上に頭を乗せて丸くなっている私の頭を撫でた。

そうして宴会を楽しんでいると庭の方から風が吹く音と共に声が聞こえた。
???「三日月彩様、大天狗様から至急の伝言です。」
彩「何!?」
彩の雰囲気が一気に変わった。
伝令な天狗「山に魔物が侵入したのこと、これを退治せよと。」
彩「承知した。他には?これくらいなはずないでしょう」
伝令な天狗「山に侵入者あり、直ちにその者を止めよ。と」
彩「伝令ありがとう。下がっていいわ」
使いらしき天狗はそれを聴くと風のように去った。

彩は伝令を聞くとすぐに言った。
彩「皆、至急の事が来た。このまま宴会をしてくれてもいい」
彩「私と風は行って参る。風!いつまでもぐうたらしてるんじゃない!」
風「!?はひぃ」
風はすぐに準備をした。
彩「風行くよ!」
彩は庭から出て行った。
風「了解しました。あ、帰る時はそのままで構いませんので」
風「では。」

はたて「なにかあったみたいね。」
私は彩の鋭い声を聞いて酔いが醒めた。
咲真「のようですね。姫、酔いは大丈夫ですか?」
はたて「ええ、彩のあの声を聴いたら嫌でも醒めるわ」
神奈子「仕方ないね。今日の所はここでお開きにするかね。」
はたて「そうね。」
穣子「わかりました。」
雛「その方がいいわね。」
そして解散となり皆自分の家へと帰った。

はたて「(魔物か・・・・昔にも聞いた事がある単語だわ・・・・。)」
はたて「(何もないといいけど・・・。)」


次話へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

姫海棠はたて

Author:姫海棠はたて
友人がブログを作ったのをきっかけに作ったブログだったりしますm(_ _)m

最近見ているアニメ:見たいのはあるけど未だに見てないという・・・。

好きなサークル:上海アリス幻樂団、Syrufit、ZYTOKINE、CYTOKINE、Alstroemeria Records、COOL&CREATE、石鹸屋、ゼッケン屋、SOUNDHOLIC、Liz Triangle等

主にやってきた事、腕
東方Project:紅魔~DSまで。勿論クリアしてないよ☆

幻想麻雀(名前:姫海棠はたて):役とか全く理解してないで楽しく打ってます|ω・)ノ最近はちょくちょくやってます(部屋名:FreeRoom コメ:誰でもどうぞ|ω・)ノ)って立てられてる場合は多分うち

信長の野望on:山吹鯖で活動中。(只今イン率:極少)以下キャラ名
姫海棠はたて、ー犬走椛ー、姫海棠椛
射命丸椛、ー射命丸文ー、姫海棠文
恭介、沙耶、茨木華扇

あと東方の小説とか。。。。
以上!

プロフ画像はnikooさんからお借りしてます。ヾ(。・ω・。)ノ

ブロとも、相互リンク、支援絵も大歓迎です!(。・ω・)ゝ
過去記事にコメントしてもちゃんと返しますよ~!

まだまだなブログですが見ていただけたらうれしいです(*ノノ)

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4693位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
1484位
アクセスランキングを見る>>
TOHO CLOCK
東方カウンター
検索フォーム
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
独り言のようなもの(ツイッター)
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ゆりしろがつぶやくのんびり日記(仮

__体は核でできている-☢I am the bone of my nuclei☢

ぶるぶるぅぅぎぎ。

XIV ROTARY DISK

Franticdread

春の訪れ

サイザーの最前線日記(移転しました!

毎日だらだらオタク遊びっ♪

れいしろまっしろ

暇イカのとろとろブログ

紅き雲 ~Crimson Cloud~

お茶と饅頭を持って

鍵兎のskillup↑ブログ

第75特務遊撃隊記

蒼い疾風~Blue Gale~

伊達巻

十六夜な日常@狼月亭

退廃的日常、虚無的平生

なつちよ。の普通の日記

幻想メランコリー

~東方の幽幻旅団~

なんか血が出てきた
QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
バナー
上海アリス幻樂団バナー 黄昏フロンティア ビートまりお 影法師通訊協定バナー オーライフジャパンバナー Liz Triangle TaNaBaTa kinoとkinomiバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。