FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~REAL World~ 2(小説)

この作品は東方の二次小説?です。

はい、続きです。うpしちゃいました|ω-)v

ちょいちょい修正を入れました。
が、もしかしたら誤字とかおかしい所があるかもしれません・・・(´・ω・`)困ったものだ


厨二臭い感じですが優しく見てやってください(ぁ

|ω・)コッペパンイイヨ

オリジナルっぽい成分もあったりあったりするので苦手な方は見ない方がいいかも?



原作者:ZUN(上海アリス幻樂団)


では、続きからどうぞ
世界とセカイの歪み ~REAL The World~

ある成り行きでうちの世界に飛ばされてきた鴉天狗の姫海棠はたてと会い、姫海棠はたてからあっち(姫海棠の世界)の世界の結界に歪みが生じうちの世界にも歪みが現れると言う話を聞きうちは彼女の手伝いをする事に決めたのだが・・・・。

翔「で、手伝うと決めたのはいいがその歪みがどこにあるかわからんと動くにも動けないな」
はたて「確かにそうね・・・。何かわかるような現象があればいいんだけど」
二人はうーん・・・と唸りながら考えていると突然誰かの携帯電話が鳴り出した。
どうやら姫海棠の方から聞こえているようだ。

はたて「あれ?」
翔「電話みたいだぞ」
はたて「おかしいわね・・・。」
翔「・・・?どうしてだ?」
はたて「私の世界にはこれを持ってるのは私しかいないのよ。」
はたて「だから、私の携帯電話に電話がかかってくることなんてないはずなんだけど・・・。」
翔「ふむ・・・。とりあえず出てみたらどうだ?もしかしたらってのもある」
はたて「天乃の言うとおりね・・・何かで掛ける事が出来そうな奴が一人だけいるし」
そう言ってはたてはポーチから携帯電話を取り出し電話に出た。

はたて「もしもし?」
???「あー、あー」
???「繋がった?」
???「みたいですね」
はたて「その声は紫と文?」
紫「そうよ。」
文「そうですよ。いやぁ~繋がってよかったです。」

どうやらあっちの世界の人達と連絡が取れてるみたいだな。

はたて「一体どうやって・・・?」
紫「ちょっと河童にはたての持ってた携帯電話に似た物作ってもらってちょこっと細工してやってみたのよ。」
文「ってそんな話してる場合じゃありませんよ。」
文「はたて、今どこにいるんですか?」
はたて「外の世界に飛ばされたみたいだわ。」

紫「やっぱりね・・・。こっちも結界の欠損が大きくなってからあっちこっちで歪みが生じてるのよ。」
文「そっちの世界ではまだ何も起きてませんか?」
はたて「一応何も起こってないわよ。今はちょっと人間の家にお邪魔させてもらってるわ」

紫「珍しいわね・・・。外の人間なら大抵は逃げ出したりするものだと思ってたわ」
紫「ちょっと変わってくれる?」
はたて「わかったわ。」
はたてがうちに携帯を差し出していた。

はたて「はい、変わってほしいそうよ」
翔「ん?わかった」
姫海棠から携帯を受け取り、電話に出た。

翔「あ~、変わりました。」
紫「初めまして、私は八雲紫と申します。」
翔「天乃翔です。」
紫「はたてからは何か聞いたのかしら?」
翔「そちらの世界の結界の歪みの影響でこちらの世界にも何らかの異変が起きるかもしれないと・・・。」
紫「大体合ってるわね。」
紫「かと言って大騒ぎになるような事にはならないでしょうね。」
翔「と言うと・・?」
紫「歪み・・・空間が歪んで隔離された所。つまりは襲われた者、巻き込まれた者は誰にも気付かれる事無く消えていくのよ。」
翔「いなかったことになる・・・か」
紫「そうよ。ちなみに歪みが出ている所には原因の根本がいるはずよ」
翔「つまりそれを倒せば・・・」
紫「歪みはなくなると言ったところかしら」
紫「ちょっとはたてにも聞こえるようにしてもらってもいいかしら?」
翔「わかった。」
翔は紫に言われた通りにすると紫が再び話し始めた。

紫「とりあえずあなた達はそっちの歪みを直して頂戴」
翔「具体的にどうすればいいんだ?」
紫「歪みに飛び込んで根本を断てばいいわ」
翔「だが、その歪みは見てわかりやすいものなのか?」
紫「そうね・・・確かに普通に見るだけじゃわからないわね」
紫「一応、歪みの場所はこっちでも探索出来るから今分かる所をはたての携帯電話に送るわ」
紫「その場所でどうゆうものかある程度わかるはずよ。」

はたて「わかったわ」
はたて「それは良いとして、天乃は手伝ってくれるのは助かるけどどうやって対抗するの?」

翔「拳で!ってわけにもいかないか…」
紫「多少なら力は貸せるわよ。」
紫「天乃、あなたも携帯電話は持ってるわよね?」

翔「ああ、持ってるよ」
紫「ちょっと電話番号教えてくれるかしら」

翔「わかった。」
翔は紫に番号を教えるとすぐに電話がかかってきた。
・・・出たが何も聴こえない。

翔「何も聴こえないが大丈夫なのか?」
紫「もう切っていいわよ。アドレス帳開いてみなさい」
翔「ああ…。」
うちは電話を切り、紫に言われた通りにアドレス帳を開くと見慣れぬ欄があった。

翔「なんだ?この「天」と「式」って…」
その欄の烏には「花果子」「文々。」「白狼」と式には「境界」記されていた。

紫「天乃の携帯電話を少し弄って私達の力を少し使えるよう細工したのよ」
まぁ詳しく言ってもわからないでしょうと続けて言った。

翔「どうすればいいんだ?」
下手に押したりしたらとんでもないことになりそうな気がした。

紫「使い方は簡単よ。烏か式の欄にある四つうちどれか一つ選んで押せばいいわ。」
紫「ただし」
紫は続けて言った。
紫「使えるのは一つまで。最長一時間まで選んだ能力を扱えるわ。」
紫「これは特殊な霊力を使ってるから一回きっかりだけど、さっきの番号でこちらに通信出来れば補充する事は可能よ。」

翔「一時的に能力が使えるようになるわけか」
紫「そういうことよ」
紫「まぁ、今試しに使ってみなさい。今なら霊力は気にしなくても大丈夫だから」
翔「わかった。」
室内でやるのは危ないと考え人気の無い公園に行った。

そして紫に言われた通りうちは適当に白狼を選んで押した。
すると・・・服が光り出したがすぐに治まった。
翔「これは・・・。」
翔の姿が変わっていた。
着物姿でフードの付いた羽織を着ていた。
そして、腰には刀身が細長く湾曲した刀が差してあった。

翔「姿も変わるのか」
紫「その力の元の雰囲気に似た服装になる感じのようね。」
紫「試しに刀を抜いて素振りしてみなさい。」
また紫に言われた通りにしてみると剣術や刀など触れたことすらないのに体がわかってるかのように動いた。
翔「これなら最低限身を守りながら戦える・・・」
はたて「すごいじゃない!」
紫「確かにそうね。けれど体に負担などがかかって本末転倒になりかねないわ」
紫「自然に慣れれば負担も和らぐけど・・・どうやらあなたそうはならないみたいね」
はたて「やっぱり私の見込み通りだったわね」
翔「よくわからないが足手まといにはならなそうでよかった。」
紫「元に戻る時は使う時と同じように選んだものを押せば解除されるわ」
翔「わかった。」
とりあえず解除して、家へ戻った。

家に戻ると紫が言った。
紫「とりあえず今日のところは休みなさい。」
翔「そうしとくよ。」
はたて「そうね。いろいろあって疲れたわ」
紫「あとではたての携帯に歪みの場所の位置を送っておくわね。」
はたて「わかったわ」
紫「じゃ、おやすみなさい」
紫はそう言って通話を切った。

翔「姫海棠さんはそこのベット使っていいよ。」
はたて「天乃はどうするの?」
翔「布団敷いて寝るから大丈夫だ。」
はたて「そう。有り難く使わせて貰うわ」

翔「おやすみ」
はたて「おやすみなさい」

そして二人は眠りについた。






――――――――――あとがき――――――――

ちょっと説明ルームは本編と関係ないです!あとがきみたいな感じで!

と思ったけどやっぱりなんか変だと思ったので書き換え(汗)

まぁ天乃君の白狼モードの武器の説明を簡単に・・・

武器の名は鉄○牙・・・って嘘です。冗談です。

名は白雅(はくが)

そのまま元の名前でもいいんですが、名前を付けたくなってしまううちは・・・orz

まぁ柳葉刀が元だったりします。うん

最初はちょっと違ったものだったんですがそれが○○○に似た感じではないと感じて↑のになった感じです。(苦笑)

服装も説明したいんですが説明下手なもので・・・ちょっと描いてみたりしてるので出来次第乗せると思いますorz

ではまた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

姫海棠はたて

Author:姫海棠はたて
友人がブログを作ったのをきっかけに作ったブログだったりしますm(_ _)m

最近見ているアニメ:見たいのはあるけど未だに見てないという・・・。

好きなサークル:上海アリス幻樂団、Syrufit、ZYTOKINE、CYTOKINE、Alstroemeria Records、COOL&CREATE、石鹸屋、ゼッケン屋、SOUNDHOLIC、Liz Triangle等

主にやってきた事、腕
東方Project:紅魔~DSまで。勿論クリアしてないよ☆

幻想麻雀(名前:姫海棠はたて):役とか全く理解してないで楽しく打ってます|ω・)ノ最近はちょくちょくやってます(部屋名:FreeRoom コメ:誰でもどうぞ|ω・)ノ)って立てられてる場合は多分うち

信長の野望on:山吹鯖で活動中。(只今イン率:極少)以下キャラ名
姫海棠はたて、ー犬走椛ー、姫海棠椛
射命丸椛、ー射命丸文ー、姫海棠文
恭介、沙耶、茨木華扇

あと東方の小説とか。。。。
以上!

プロフ画像はnikooさんからお借りしてます。ヾ(。・ω・。)ノ

ブロとも、相互リンク、支援絵も大歓迎です!(。・ω・)ゝ
過去記事にコメントしてもちゃんと返しますよ~!

まだまだなブログですが見ていただけたらうれしいです(*ノノ)

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
1306位
アクセスランキングを見る>>
TOHO CLOCK
東方カウンター
検索フォーム
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
独り言のようなもの(ツイッター)
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ゆりしろがつぶやくのんびり日記(仮

__体は核でできている-☢I am the bone of my nuclei☢

ぶるぶるぅぅぎぎ。

XIV ROTARY DISK

Franticdread

春の訪れ

サイザーの最前線日記(移転しました!

毎日だらだらオタク遊びっ♪

れいしろまっしろ

暇イカのとろとろブログ

紅き雲 ~Crimson Cloud~

お茶と饅頭を持って

鍵兎のskillup↑ブログ

第75特務遊撃隊記

蒼い疾風~Blue Gale~

伊達巻

十六夜な日常@狼月亭

退廃的日常、虚無的平生

なつちよ。の普通の日記

幻想メランコリー

~東方の幽幻旅団~

なんか血が出てきた
QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
バナー
上海アリス幻樂団バナー 黄昏フロンティア ビートまりお 影法師通訊協定バナー オーライフジャパンバナー Liz Triangle TaNaBaTa kinoとkinomiバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。